p01

今は補助金 金利は最低 今は太陽光発電付 長期優良住宅・スマ−トハウスの時代!!

1-Uホームズは太陽光発電の伊豆東海岸のFCを確保 相場の2/3のコスト。
2-Uホームズの太陽光発電は補助金で賄えます。  雨漏りのしない磁石装着工法
3-Uホームズの坪当標準単価は太陽光発電付延35坪で44.8万と超格安。
終日全館暖房器付・オ-ル電化付・無垢の木と吹抜快適空間付です。
4-Uホームズは手数料だけで長期優良住宅の適合証明書と認定書を取得。
5-Uホームズはどこよりも廉くてよい住宅の提供を心掛けています。
因みにUホ-ムズ有限責任事業組合は無税で資金をプ-ルできます。
長期優良住宅の技術開発・環境保全・施工を目的に設立認可。
これが資材の低廉仕入と合わせ廉く提供できるポイントです。

今や太陽光発電搭載 長期優良住宅 ゼロエネルギ-・スマ−トハウスの時代です。
何故「これからは長期優良住宅の時代」でしょうか?
1-3.4世代に亘つて住続けられ資産形成に寄与する
2-中古市場で高く評価される。
3-高い市場評価を元に特殊借入融資を毎月受け取れる。
   即ち年金の補充ができる。  死亡時に清算されます。
4-建てる時は融資面の優遇制・建てた後は固定資産税等の軽減がある。
5-きれいな街造りが出来 社会資本が充実する。
  5〜10年後には建築基準法は長期優良住宅並みに強化されます。
何故「今や長期優良住宅の時代」でしょうか?
建築基準法は断熱に関する規定がなく 構造的な規制値も低く早晩改正されるでしょう。
即ち長期優良住宅の基準が建築基準法に採用されます。
但し審査基準が難しく長期優良住宅普及の足枷になっています。
それでも長期優良住宅でお建てにならないと後悔することになります。
国は色々な助成策で普及に力を入れています。
今は在来軸組工法が多数ですが 金物がチャチで外部の露出部分が多く結露を招き
廉い とか尺モジュ−ルのため廊下巾が望ましいサイズでないとか問題点が少なくありません。
とは言うものの長期優良住宅なんて高くて手が出ないよ。
太陽光発電なんて 償却出来なくて 社会貢献だよ そんな余裕はないよ
こんな声が聞こえてきます。
工務店経営のコンサルタントが言います。
どんなに良い仕様でも お値段は坪50万円が限度ですよ。

しかし何ごとも例外はあります。

因みに 床面積35坪 坪当り50万円
1-長期優良住宅
2-終日全館暖房
3-オ−ル電化
4-無垢の木材と吹抜空間
これだけ揃つて坪50万円
意外に廉く出来るのは柱・梁・土台等に105mm巾の木材を使用し構造面材で
壁面を補強し頑丈な構造体を造つているからです。
因みに プレカツト金物接合壁面工法ですから 筋違に頼る在来軸組筋違工法
より一段と信頼性が高いと言えます。  大手ではこの仕様で72万円
地域工務店では 坪50万円で
太陽光発電を付けると坪56万円
大手住宅メ−カ−ではこの仕様で80万円になります。
長期優良仕様となると90万円台になります。 
他社には終日全館暖房という概念はありません  
エアコンで終日暖房することは考えられません。
夜中.早朝の寒さは未だ解消されておりません。
無垢の木で住まいをつくることは 大手住宅メ−カ−ではタブ−です・
高く付くのと 節やら反りのクレ−ムを恐れるからです。
しかし ここでも以外はあります。
今までは 建築基準法に準拠するだけの住宅が殆どでした。
戦後の貧しい時につくられた法律は建てることで精一杯でした。
大げさにいえば 現在の建築基準法では 快適な住まいはつくれません。
建築基準法は昭和21年頃に古い規制に代わつて制定されました。
戦後の混乱の中 少しはまともな住宅をと制定されました。
   基準法は「周辺調和・構造・設備水準の維持」を目的としています。
建築基準法は 「寒さや暑さのことは無視」されています。
これでは拙いと気が付き大改定ではなく 規制を強制しないでより望ましい
基準をつくり普及を図るために長期優良住宅促進法が制定されました。
何ごとも穏便にという官僚的発想で気が付いた時は手遅れになります。
但し 法制化の段階で過激な条文にすると社会的混乱を招かないようコスト
UPを抑える配慮をしています。
長期優良住宅のチエツクポイントは4っあります。
1-劣化し難いこと。
2-構造的には基準法より1段階UPし 間取りの変更を容易にすること。
3-温熱環境を次世代基準レベルに合うこと。
4-建物の維持管理を明確にして記録の保持を税優遇の必要資料とすること。
    等です
因みにこの長期優良住宅促進法という法律はH21年7月に施行されました。
しかしながらこれだけでは大した建物にはなりません。
そこで国は「先導優良住宅」という概念を持ち出し4項目を超える部分
を「先導」と名付け補助金制で技術開発の提案を募集しています。
何もそんなに飛躍しなくとも4項目を超える部分は全て先導と考えています。
因みに技術開発では2つのテ−マ−を抱えています。
1つは 遮熱シ−トの活用と温熱環境計算値=Q値への反映と大臣認定取得。
2っ目は外壁タイル張りのコストダウンと大臣認定の取得。
今ある建物は次世代省エネ基準順守の建物以外欠陥住宅であると言えます。
2010年末の断熱材供給不足による争奪戦は一昔の新省エネ基準を採用して
50mm厚の断熱材が殆どであつたことが露呈しました。
お前は偉そうなことを言うけれど どうなんだ
ご心配無用です。  次世代と言っても1997年の告示ですから2001年伊東市
大室高原の拙宅は次世代省エネ基準で建てています。

国の補助金100万で長期優良住宅を建てられます。

条件があります。

..-長期優良住宅の建築確認と長期優良住宅適合認定書を取得してから

....申請すると受付けられます。

この間設計契約から受付迄3-4ヶ月係りますので早目にスタンバイして下さい。

尚 価格表を提示していますのでご覧下さい。

http://asumai.com/hp12-1/

.

家賃で次世代省エネ型長期優良住宅を建てよう!!

***今お住まいのアパ−トの家賃で土地と新築住宅を手に入れて下さい.

しかも

超ロ−コストの太陽光発電搭載

最新型の雨洩りしない全面厚鋼板に磁石接着の特許工法

40万/kwと業界の1/2のコストでお釣りがきます。

毎月貯金が増えるだけ 設置するだけで得します。

.更に

電気料金の廉い深夜電気畜熱

終日全館床暖房の最新型省エネ住宅を!!

.

そんなこと無理よ という方は頭を切り替えてください!

あなたはご存じかもしれませんが

政府は現下の不況対策の目玉として

「フラット50」と減税を打ち出しています.

.

即ち

昨今の不況対策の目玉に旧公庫融資の「フラツト35」に

新しく「フラット50」が09年4月から追加されます.

.

「フラツト50」て何や?

--という方にご説明させて頂きます

.

50年間固定金利均等返済制の融資です

金利は毎月変動します**これが固定金利制のポイントです

今は金利が最低線にありますので

1,000万借りて月返済額は推定3.0万円位です

しかも当初10年間は融資残の1.2%相当の税控除があります

.

---注;通常1.0%ですが優良住宅に認定されると1.2%の優遇金利が適用されます

例えば本事例では

2.500万の借入に対して毎月返済額=約7.5万円 税控除30万円=月2.5万円

差引き月返済相当額=5.0万ですから アパートの家賃並みです

アパ−トでは家賃は消えますが ご自分の住まいなら手元に資産として残ります.

尚 所要年収は約400万円位です

--原則として3年間の源泉徴収票が必要になるでしょう.

.

因みに電気代は5時間通電制では1kw4円位です

月割では7kw*4*5*30=4200円です.

これに深夜電気温水器を付けても5000円台でふんだんに使えます.

.

これをアパ−ト住まいの方には大朗報と言わずして

何と言えば良いのでしょうか?

.

念のために申し上げますが簡単に計算上は自己資金=0で計上していますが

あなた様のご希望のオプションとか雑費他10%位の自己資金が必要になるでしょう.

.

***事例は こちら をご覧下さい

.

尚 東京や神奈川デお建てになられる方も 地元の工務店等とタイアツプするJV方式

で対応させて頂きます

.

**因みに東京.埼玉には当方の支所や提携店があります

又提携デザイン事務所もありますのでご気軽にお申し付け下さい

.

**因みに床暖房付き標準価格は平坦地2階建で

....延35坪ならば坪単価=39万です

...詳しい仕様.価格表はこちら

..

さて あなたはどんな住いをお創りになるのでしょうか?

--もし あなたが 「Uホ−ムズ」に興味をお持つて頂ければ

--ご遠慮なく

.

1-お試しプランを依頼する .. 但し他社と比較するだけならばご遠慮下さい

2-まだまだ解らないことが多い方は .. こちら で質問を詳しく書いて下さい

.

--ところで具体的にどんな家創りをしているのか まだよく分からない

----という疑問を持たれた方は こちら から

----メ-ルでのお問い合わせは こちら から

.

詳細を早く知りたい方は http://asumai.com/hp6

 .

.............とか http://asumai.com/hp9 をクリツクして下さい.

.

.床暖房の施工中は

.............http://asumai.com/hp52-2.html でご覧ください

.

.資料請求はメ-ルでu-homes@ymail.plala.or.jpまで

住所.氏名.電話番号を記載してお送り下さい

.

--無料の冊子も用意しています

--請求時切手で実費500円を負担して下さい

.

..............仕様と価格については こちら.

---お問合わせは こちら から

----又はTEL=0557-51-9066

---IP=050-3511-0617 迄 お電話下さい.

---FAXなら 0557-51-9067 です.

.

全体像を見る

.

狭苦しい住まいよ さようなら! 広々快適住まいよ こんにちは!!

あなたの住いの常識を180度 転換して頂きます!! 衝撃の15ケ条とは!!

.

全体のトツプぺ−ジはこちら

これからの住まいとはどういうこと?

温熱環境が良いとはどういうこと?

耐震.耐火の高性能ハイブリツト金物接合工法とは

暖房にも色々あるけれど

深夜電気暖房 2題....究極&至高のバリヤ−フリ−とは

シツク症候群のこと.

100年住宅と性能評価制度について

分離発注とJVによる広域施工体制について...コスト抑制と品質確保

終日全館暖房と健康について

吹抜と大黒柱と無垢の木と自然素材

プラン作成依頼したい

仕様&価格表&設計料は?

.

00年住宅を目指す家Q&A 50

間違いだらけの家創り & 用語ノ定義

.

お問合わせと資料請求

「あなたは欠陥住宅を建てようとしています」

    間違いだらけの住まい創りからの脱出の15ケ条

colossalアクセス解析 RMT
土地を 東京 神奈川 方面にお持ちかお探しの方は こちら
土地を 伊豆 伊東 方面にお持ちかお探しの方は こちらヘ